小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道

走る取的

今日は朝食を摂る際に、週末に録画していた世にも奇妙な物語を見ました。その際に、ん?と思ったのが物語の間、間に(超)ショートフィルムのようなものが差し込まれていることでした。
中にはよくテレビに出演しているオアシスの大久保佳代子なんかも出演していて本編が始まったのかと思いきや一瞬で終わってしまいました。
今日私が見たものは、中村トオルが主演の走る取的というものでした。取的とはまだ関取ではない力士構成員のことで一般的には序の口などの下級力士のことを言うそうです。
彼が友人と久しぶりに、行きつけの居酒屋で飲み始めると他の友人の話になり、その友人が最近太ったらしく、中村トオルはそのことを、あいつは力士にでもなるつもりなのか?といってバカにし始めました。
するとそれを聞いていた友人は、カウンターで一人呑んでいる若い力士の存在に気づき、中村トオルを諌めますが、彼は全くそれを聞き入れませんでした。
すると、友人がその店を出ようと言って彼を外へ連れ出すのですが、そこから力士との追っかけっこが始まるという物語でした。
キレイモ仙台